HOME> コラム> 興信所の選び方> 探偵・興信所のトラブルを避ける
探偵トラブルを避けるために
依頼人が興信所を必要とする理由は様々存在しますが、代表的な理由をあげますと「事実を知る」ためと言えます。

みなさんご存知の通り、ご依頼人の力では知り得ない情報を調査によって明らかにすることが興信所に求められます。

代表的な調査が浮気調査であったり素行調査と言えるでしょう。

依頼人が動く事により得られる情報もあるとは思いますが、調査の意図が調査対象に気付かれるリスクを敬遠し、興信所を利用することが賢明と判断される方が多いと言えるのです。

浮気を疑っている心情がパートナーに気付かれてしまい、浮気に関わる外出が激減する等の状況になってしまっては、興信所が浮気調査を実施しても簡単には浮気の証拠を取得できなくなります。

このような流れを敬遠する意味合いからも、興信所に任せるべき調査の判断を誤らないことが必要です。無駄な調査を実施することなく、欲しい情報がスムーズに取得されることが望ましいでしょう。

探偵・興信所とのトラブルを避けるポイント

必要最小限の調査で浮気の証拠を取得し、パートナーに対して浮気の代償を請求する流れは、理想的な浮気調査の流れであると言えます。

このような理想的な調査を実施する背景には必ずポイントが存在します。

もし、浮気調査を望む多くの方がそのポイントを知った上で興信所を利用したならば、満足な調査を実施できる可能性も高くなります。

必要となるポイントが理解できていれば、探偵や興信所とのトラブルも激減しますし、不必要な調査も実施されない方向性になると言えるのです。

興信所を利用する上で何が重要なポイントであるか?
ズバリ申し上げるならば「判断に迷う場合の調査は実施しない」ことが何より大切と言えるのです。

具体的に浮気調査を例にして申し上げますと「不確定な情報を根拠に調査を行うことを出来るだけ避ける」ということになります。

浮気を疑っているシチュエーションで最も依頼人が気がかりで迷う場面は、調査対象者が「いつ」「何処で」「誰と」「何をするか」ということです。

このような基本的な情報が薄い調査案件は「調査の開始時間や場所が曖昧」になりやすい傾向が色濃く表れます。

調査を行う判断基準

まずは「仕事中に浮気が可能か?」を判断することにより、浮気調査の開始時間が限定されます。

現実的に、勤務時間中に浮気相手と時間を共有できる人物はかなり限定されるのではないでしょうか。

日中の浮気は可能性が低いと判断出来るならば「浮気調査を午前中から実施する必要性がゼロ」と判断できますし、勤務時間外の行動を確認することが前提の浮気調査になると明確な調査の指針が浮き彫りになるのです。

探偵・興信所との相談時点でこのような可能性のお話しが出来たならば、無駄な調査は必ず省くことが可能となるのです。

このような判断を探偵や興信所に全て依存してしまうと、「あれもこれも必要」と判断してしまう探偵や興信所が出てきます。

当然、無駄に調査時間が長時間になり、時間もコストも無駄に多く必要となり、トラブルにも発展してしまうのです。

浮気を疑うあまり「不安定な心情」になってしまい、あれもこれも必要と考えてしまっていては「無駄な調査が殆どだった」と後に後悔をしてしまうのです。

上記の考え方で、平日以外の週末での浮気調査ではどのような判断が必要か?のポイントを申し上げますと、調査対象者の基本的な週末の過ごし方を参考に「おおよその帰宅時間から逆算した調査開始時間を想定する」ことが重要なポイントと言えます。

あまりに不規則な外出をする人物である場合には、お勧めはしませんが「調査対象者に休日の夕食が必要であるか?」事前に伺いをたてる手法も存在します。

この伺いから得られる情報から帰宅時間を想定することにより「浮気調査の開始時間を設定」することも手法の一つです。
仮に予想に反して早朝から外出してしまったというケースが存在したとします。

このようなケースはイレギュラーと言えますから「毎週末に早朝から外出することは考えにくい」と判断するのです。

たまに早朝外出することに標準を絞って浮気調査の開始時間を設定するのでは無く、可能性の高い時間で無駄なく効率良く調査を実施する判断が重要です。

探偵業界が抱える問題

探偵・興信所業界が抱える問題は様々存在し、悩み苦しむ心情のご依頼者に対し追い打ちするかのようなトラブルを引き起こすこともあります。

このようなトラブルの原因は、探偵と御依頼者の双方に問題点が存在するケースが殆どではないでしょうか。

世間的には消費者センターなどに苦情を出す「依頼者側の苦情のみ」が取りざたされていますが、探偵側が知る「依頼者の自己中心的な判断」もトラブルの大きな要因となっているのです。

如何に探偵業法に沿った業務を実施したとしても、依頼者側にも悪意を持った人物は存在し、実施した調査結果を先に提示させ、料金未払いで音信不通となるケースもあります。

また、調査を実施したにも関わらず、支払うべき調査費用を事後に値下げ交渉をするなどの行為は常識的とは言えません。

このような行為の背景には「最初から正規の料金を支払う意思がない」ことが明らかであり、法規に沿って調査委任契約時に交わした契約を無視した行為です。

興信所に依頼される皆様の心情は「結果を出してほしい」という願いであると理解していますが、現実には「御依頼者が想定しない調査結果」も存在します。

もし、ご相談時点で依頼を獲得するために探偵側の悪意が存在し、ご相談内容に見合わない提案をしたならば必ず後にトラブルとなることでしょう。

ご相談者を焚き付ける営業行為は倫理やモラルの無い人物の行為です。

言葉巧みな悪意ある興信所の営業行為は要注意であり、消費者センター等の興信所に対する苦情の上位を占める悪質な行為と言えるのです。

調査依頼の流れ
お電話での相談
自分の調べたい内容にマッチしているか判断します。
調査にかかる費用について、電話やメールで確認しましょう。

お電話: 0120-08-1119
面談でのご相談
実際にお会いして、詳しい見積もり、調査方法を確認しましょう。
>>調査料金はこちら
調査のお申込み
調査契約書・申込書を確認しましょう。続いて調査の為に必要な事前情報、調査方法に関する詳しい打ち合わせをおこないます。
調査開始
調査員の人数の確定をし、方法をご説明し、調査を開始いたします。