HOME> コラム> 浮気相談> 自分で浮気調査を実施する
自分で浮気調査
自分で浮気調査をGPSを使用して行う方法

自分で浮気の証拠を撮影したい。でも探偵を雇う経済的な余裕が無い・・・と考え悩む方にちょっとしたアドバイスと耳より情報をお伝えします。

まず、浮気調査を必要とする理由は様々に存在します。浮気の証拠が必要な理由によって「必要となる証拠の回数が異なる」事をご存知でしょうか。

単に浮気を止めてほしいだけなのか?

愛人のもとに行ってしまう可能性が高く、離婚が前提の証拠が欲しいのか?

いずれのケースかによって必要となる証拠が異なってきます。

自分で浮気調査するにはGPSロガーが有効

離婚するための証拠が必要とお考えの方にはあまりおすすめしませんが、浮気の制止が目的で自分で浮気調査を実施するならば「小型GPSロガー」を利用したご自身で出来る浮気調査をおすすめします。

浮気相手と仕事終わりに時間を過ごしていると予想される人物ならばビジネス鞄の中に忍ばせるサイズのGPSロガーを購入し、足取りの軌跡をたどることが可能となります。

浮気の証拠をご自分で取得するために必要な情報収集のアイテムとしてGPSロガーを利用し、頻繁に立ち寄る場所を特定する事を目的として使用します。

そして、浮気している可能性が高い曜日や時間帯をロガーの情報から得て、実際に利用している建物を特定するのです。

GPSの注意点

  • ・誤差が生じる
  • ・バッテリーが長時間ではない
  • ・リアルタイムではない

  • GPSを利用した浮気調査に共通して言える注意点があるのですが、GPSは使用環境で必ず誤差が生じるということです。

    情報として長時間滞在している表示ポイントに誤差が生じて表示され、対象者が実際に利用している場所ではない可能性も視野に入れ、幅広く「対象人物がどの建物を利用しているか確認する作業が必要となります。

    とても便利な情報収集機材であるGPSロガーなのですが、浮気の情報収集機材としての欠点もあるので注意が必要です。

    GPSロガーは充電式でバッテリーの限界がそれほど長期間では無いことや、リアルタイムな情報を取得することが出来ない機材であるため、頻繁に回収しPC等で情報を確認しなければならない機材だという点です。

    このような手間とリスクを認識された上でなら、浮気の証拠を取得のために情報収集する機材としては利用価値があると言えます。

    GPSロガーでの浮気調査のポイント

    対象人物が浮気相手と思われる人物の自宅と思われる住居を訪ねているのか?はたまた居酒屋やBARなどの飲食店を利用しているのか?を判断しましょう。

    このような作業を繰り返し実施することにより、浮気の証拠取得に必要な多くの情報が確認することができます。

    調査対象である人物の職業が車両移動が主となっているケースでも、同様に使用車両にGPSロガーを取り付け「立ち回り先」を確認することが必要となります。

    郊外の大型ショッピングセンターやホームセンター・スーパー等の大型駐車場に長時間停車している痕跡が頻繁に情報として得られる場合は、近場に「浮気相手の居住先」が存在する可能性があり注意が必要と言えます。

    時間と日数をじっくりかけて「対象者が頻繁に利用する場所が何処なのか?」を明確にしていくことが重要なポイントとなるのです。

    もし、ご興味がある方はネットで「GPSロガー」と検索すれば、用途にあったタイプを購入することが誰にでもできます。

    価格帯は3千円から2万円台まで様々ですが、探偵に浮気調査を依頼する費用と比較したならば「自分で浮気調査が格安に実施できる」と言えるのです。

    調査依頼の流れ
    お電話での相談
    自分の調べたい内容にマッチしているか判断します。
    調査にかかる費用について、電話やメールで確認しましょう。

    お電話: 0120-08-1119
    面談でのご相談
    実際にお会いして、詳しい見積もり、調査方法を確認しましょう。
    >>調査料金はこちら
    調査のお申込み
    調査契約書・申込書を確認しましょう。続いて調査の為に必要な事前情報、調査方法に関する詳しい打ち合わせをおこないます。
    調査開始
    調査員の人数の確定をし、方法をご説明し、調査を開始いたします。