HOME> コラム> 浮気について> 浮気した夢を見た場合

浮気した夢を見た場合どんなことが考えられるか

浮気した夢を見ると、後ろめたい気持ちになるかもしれません。

なぜ浮気した夢を見てしまったのだろうと考えますが、夢を見ることにはさまざまな理由があります。

自身の当てはまるケースを探し、改善できるよう行動することで浮気する夢を見なくなるかもしれません。

自身に自信がない場合

自身に自信がなく浮気した夢を見ることがあります。

自信がなく、パートナーにもっと見てほしいと感じているかもしれません。

たとえばパートナーが明るい人が好きと言っていたことがきっかけで、自身はさほど明るい性格ではないと落ち込んで、夢の中でつい浮気をしてしまう可能性があります。

パートナーが何気なく言ったことがきっかけで落ち込んでしまった結果、浮気した夢を見たときは、パートナーにその旨正直話をするのも一つの方法です。

自身はあまり明るい性格ではないがよいか、と正直に話をすることで、パートナーに理解してもらいやすくなります。

もしくは、自身がもっと明るくふるまえるように努力ことも大切でしょう。

パートナーに不満がある

パートナーに何か不満があると夢の中で浮気をしてしまう可能性があります。

最近冷たい態度をとられる、ご飯を作ってあげてもおいしいと言ってもらえないなどと、不満に感じているときに浮気した夢を見るかもしれません。

不満に思っているから別の人と浮気をした、反省してほしいという気持ちが表れているのです。

何度も繰り返し浮気した夢を見るなど、悲しい気持ちになったときはパートナーに不満を感じている旨を伝えてみましょう。

話をするだけでも気持ちが楽になり、浮気した夢を見なくなるかもしれません。

会話が不足している

パートナーとの会話が不足していると、寂しさや悲しさからほかの異性と話をしたいと潜在的に思ってしまい、夢に浮気として表れるのです。

電話をしても短時間で会話が終わってしまう、デートをしてもほとんど会話がない、家で一緒に過ごしているのに会話しないといったケースが挙げられます。

会話が不足すると悲しくなりなり、パートナーに悲しい気持ちになっていることを知ってほしいという気持ちも夢に表れるのです。

浮気した夢を見たときは、もっとパートナーと会話できるよう工夫してみましょう。

最近あまり会話がないよね、電話する回数が減ったよねと伝えてみましょう。

パートナーも会話が減っていることを気にしているかもしれません。

お互いの存在に慣れてくると会話が減ることもあるので、浮気した夢を見たことをきっかけにお互いの関係を見直しましょう。

気持ちが不安定なとき

パートナーと喧嘩をしたあとなど、気持ちが不安定になっているときにも浮気の夢を見る可能性があります。

気持ちが不安定になっていて、今後のことを考えたくない、もうパートナーなんて知らないと投げやりな気持ちになっているかもしれません。

昔はあまり喧嘩をしなかったのに、最近よく喧嘩をするようになり、もう知らないと投げやりになることがあります。

パートナーのことを見放してしまい、結果お別れすることもあるでしょう。

しかし別れたことで、後悔するかもしれません。

気持ちが不安定になっていることにまずは気付き、今後どうすればよいか真剣に考えましょう。

正夢にならないように

パートナーとの関係がうまくいっていない場合、本気ではないにしろ、どうでもいいやと思ってしまい、貞操を守っている真面目な人でも、夢では浮気をするかもしれません。

浮気はいけないとわかっていても、パートナーとうまくいってないときに、たとえば同じ職場の異性から親切にされたらどうでしょうか。

実際問題浮気はいけないが、夢では親切にされた異性と関係を持っているかもしれません。

そして、夢が正夢になり浮気をする方もいます。

現実にならないよう、パートナーとの関係を見直しましょう。

調査依頼の流れ
お電話での相談
自分の調べたい内容にマッチしているか判断します。
調査にかかる費用について、電話やメールで確認しましょう。

お電話: 0120-08-1119
面談でのご相談
実際にお会いして、詳しい見積もり、調査方法を確認しましょう。
>>調査料金はこちら
調査のお申込み
調査契約書・申込書を確認しましょう。続いて調査の為に必要な事前情報、調査方法に関する詳しい打ち合わせをおこないます。
調査開始
調査員の人数の確定をし、方法をご説明し、調査を開始いたします。