興信所(もしくは探偵)における浮気調査や素行調査は、調査員による尾行・張り込みによって行われますが、 これらの料金制には独特のものがあり、初めて興信所に依頼しようと思われる方にとっては、少々理解しにくいのではないかと思います。

また、多くの場合、ホームページに料金表が掲載されていますが、 それぞれの興信所が異なる料金制度を採用しているため、単純に比較することも容易ではないのではないでしょうか?

そこで、これから興信所への依頼を検討している方の理解の参考となるよう、浮気調査や素行調査の代表的な料金制について解説をしてみたいと思います。


(1)「時間料金」

業界において最もオーソドックスと言える料金制が「時間料金」です。
例えば「1時間○○○○円」等、実際に調査を行った時間によって料金が決まります。

但し、多くの場合、最低契約時間が設定されており、1時間のみの契約ができることはまれです。
最低でも3時間程度の契約をしなければなりません。

調査が最低契約時間を過ぎる場合は「延長」をするかしないかを選択できます。
延長料金については、1時間単位の料金と異なる場合がある(高い場合もある)ため注意が必要です。

この時間料金制において、それぞれの興信所を比較するポイントは、 「①1時間単位の料金」「②延長料金」「③最低契約時間」となります。


(2)「定額料金」

定額料金は、6時間や8時間、12時間など、まとまった時間で契約する料金制です。
多くの場合、「6時間定額」「12時間定額」等、時間とセットになっています。

この料金制を例えると、同じ商品のまとめ買いをすると単価が安くなるような料金制です。
つまり、まとまった時間の契約をあらかじめすることによって、1時間単位の料金が割安になります。

但し、浮気調査や素行調査というものは、状況によって必要な調査時間は変わってしまいます。
例えば、事前に12時間の調査が必要と思っても、 当日の対象者の動きによって12時間も調査する必要がなくなり、短時間で打ち切った方が良いということがあるのです。

しかし、定額料金では、事前に決まった時間分の料金で契約を結ぶため、 どんなに早く調査を打ち切っても12時間契約なら12時間分の料金がかかってしまいます。

ですので、いくら1時間単位の料金が安く思えても、 ご自身で調査時間を細かく調整したい方には向いていないと思います。
ご自身の案件に本当に定額料金による調査が必要かを十分にご考慮下さい。

また、定額料金制における比較のポイントは、 やはり「①1時間単位の料金」「②延長料金」「③最低契約時間」となります。

興信所の料金制その2へ
料金の相場について
当社の料金表はこちら

調査依頼の流れ
お電話での相談
自分の調べたい内容にマッチしているか判断します。
調査にかかる費用について、電話やメールで確認しましょう。

お電話: 0120-08-1119
面談でのご相談
実際にお会いして、詳しい見積もり、調査方法を確認しましょう。
>>調査料金はこちら
調査のお申込み
調査契約書・申込書を確認しましょう。続いて調査の為に必要な事前情報、調査方法に関する詳しい打ち合わせをおこないます。
調査開始
調査員の人数の確定をし、方法をご説明し、調査を開始いたします。