浮気調査 HOME> コラム> 興信所について> 現代の恋愛事情と興信所

現代の恋愛事情と興信所

現代人の価値観は実に様々と言える事でしょう。 事実、ティーンと呼ばれる若者達が没頭する趣味などは様々で豊富に存在し、ジェネレーションギャップで例えるならば団塊の世代が好む趣味とは大きく異なる事でしょう。 それ程、世間には情報を得る手段が豊富で「多くのアンテナを持つ若者が興味を持つモノ」は様々なのです。

昔のように大家族が一つ屋根の下で暮らす光景は少なくなり、核家族化が進み「兄弟は1~3人」といった答えがもっとも多いといえるでしょう。
スマホを個々に持ち「個人の興味が主導」であり、昔のように新聞・雑誌・テレビ・ラジオから発信される情報を家族みんなで共有する時代は終わったと言えるでしょう。

スマホやネットを介して「共通の価値観を持つ者同士が繋がる」ことは常識的になり、価値観の近い者同士が「親しい関係を築く」ことは珍しい事では無くなったのです。

男女の出会いに関しても同様な事が言え、趣味や興味により親しくなった恋愛がより多く存在し密かな出会いの場となって存在しているのです。
マイナーな価値観による出会いを想像すると「オタクな趣味によって男女が出会う」事を想像しがちですが実際にはアウトドアーな交流や格闘技観戦やサッカー観戦などが交遊の場になっている事も多いのです。

近年流行した身近なところでご説明すると「ボルダリング」というフリークライミングの流行により接点の無かった職業同士の男女が親しくなった案件などが記憶に新しい。

このような密かな流行による出会いが現代社会では一般的になっているのである。

そのような出会いが多くなる事に伴い「深く相手を知らない交際」が増加傾向にある事も否定できない現状にあるのです。
流行の言葉をつかうならば「浅い恋愛」と言え、相手に関するプライベートな情報を有さない恋愛のカタチと言えるでしょう。

スマホやネットで「身近な存在と勘違いして」恋愛している人物が多く、相手の性格や性分などは多くを知らないため「相手に浮気の疑い」等をもって初めて「相手の情報を知らない」事に気がつくのです。

相手が交遊のある異性関係や金銭感覚の違いから生じるトラブル等も多く見受けられます。
交際相手の情報を持たないまま進行してしまう恋愛のリスキーな一面のお話しと言えるでしょう。

このような交際相手とトラブルが生じてから興信所に各種調査を相談される頻度がかなり上昇傾向にあります。

前記の通り「相手の情報が乏しい」ことから「興信所が実施する調査」が必要になり、 交際相手の詳しい情報を得て問題解決とのケースとなり「お手軽な恋愛が招く落とし穴」と言える状況であると言えるのです。

調査依頼の流れ
お電話での相談
自分の調べたい内容にマッチしているか判断します。
調査にかかる費用について、電話やメールで確認しましょう。

お電話: 0120-08-1119
面談でのご相談
実際にお会いして、詳しい見積もり、調査方法を確認しましょう。
>>調査料金はこちら
調査のお申込み
調査契約書・申込書を確認しましょう。続いて調査の為に必要な事前情報、調査方法に関する詳しい打ち合わせをおこないます。
調査開始
調査員の人数の確定をし、方法をご説明し、調査を開始いたします。