浮気調査 HOME> コラム> 浮気調査について> 浮気調査の依頼前に
配偶者が浮気をしていると感じたら問い詰める様な行動は避けて下さい。まず絶対に浮気をしていたとは認めません。

特に携帯電話やパソコンを勝手に見てメールなどで浮気を匂わす文章を発見したとしても相手にそれを突き詰めても逆効果になる場合もあります。
不貞行為そのものの動画や写真でもない限りは浮気の証拠にはなり得ないからです。
メールの文章に「好き」とか「昨夜は楽しかった」などの文章では難とでも言い訳はできるからです。
更に相手には浮気を感づかれたと気付かしては行動などに警戒されるばかりです。

問いただしたい気持ちは分からない訳ではありませんがここは「ぐっと堪えて」、平静を装い、興信所に浮気調査の依頼をする事です。
配偶者は貴方が浮気を気付いていないと思っていれば安心して浮気相手に今まで通りに会うことでしょう。

ところが貴方に感づかれたと察知した配偶者はどのような行動を取るかと配偶者の立場になってよく考えてみましょう。
まずしばらく浮気相手と会うのを避けるかもしれません。浮気の疑いを払拭する為です。
でも決して浮気を止める事はしないと思います。何しろ相手のいる事ですし浮気相手にもいい顔をしたいからです。
と、なると浮気相手に会う時はある程度の警戒して行動をします。
中にはすぐに探偵や興信所に依頼するのではないかと疑う人もいます。

こうなってからだといくらプロの探偵といえども警戒する人を追跡するには難易度が上がってしまいます。
調査日数がかさんでしまったり、調査する探偵の人数を増やさなければならないなどのケースも出てきます。
結果、ご負担が通常より多く掛かってしまいます。これほど馬鹿らしい事はありません。

配偶者の浮気を感じたら、日常の夫婦関係も平静に装い、探偵に浮気調査を依頼する事です。
感づかれた事を知らない配偶者は警戒もせずに簡単に浮気相手と会って不貞行為に及ぶ事でしょう。
そうなればプロの興信所に掛かれば浮気の証拠は充分に確保できるはずです。

浮気の確たる証拠が手元にあれば後は全て依頼者である貴方のペースで物事が進みます。
浮気の証拠を突きつけ、反省を促すもよし、浮気相手と会うもよし、離婚の調停にかけるもよし、浮気の慰謝料を配偶者ばかりではな く、浮気相手にも請求するとか様々です。
証拠が全ての法治国家ですからいかに短期間で低コストで証拠を集められるかを考えて頂ければ、 証拠もなく浮気を問い詰めるなどの行動がいかに無駄な事だとご理解できるでしょう。
浮気調査の依頼は配偶者の浮気を感じたら、問い詰める事なく平静を装い何もせずに探偵に依頼する事をお勧めします。




調査依頼の流れ
お電話での相談
自分の調べたい内容にマッチしているか判断します。
調査にかかる費用について、電話やメールで確認しましょう。

お電話: 0120-08-1119
面談でのご相談
実際にお会いして、詳しい見積もり、調査方法を確認しましょう。
>>調査料金はこちら
調査のお申込み
調査契約書・申込書を確認しましょう。続いて調査の為に必要な事前情報、調査方法に関する詳しい打ち合わせをおこないます。
調査開始
調査員の人数の確定をし、方法をご説明し、調査を開始いたします。